大事に育てていた、にわとりのチッキーが、先日、不慮の事故で死んでしまい、家族は悲しみに包まれていました。

あれから一か月ほど経ち、家族の心の傷もだいぶ癒えてきたので、次のペットを飼おうという話になりました。

*参照記事「ペットの「チッキー」が死んだ。悲しすぎる。しかし、子供達は、死生観を学んだ。

娘からは、犬、猫、ハムスター、インコなどなど、色々な意見が出ましたが、ペットを何にするかということは非常に重要。

私がこれまでいろいろなペットを飼ってきた経験をもとに、ペット選びの重要なポイントをお伝えします。

ペットを飼うメリット

ペットを飼うメリットはいろいろあります。

・社会性が生まれる

犬を飼えば、散歩に連れて行かねばならない。それにより他の散歩に来た人との繋がりが出来る。また、犬の話題を通して人間関係が深まる。

・子供の発育に貢献

小さな子供はペットととのじゃれあいの中から多くのことを学ぶことができるのがわかってきた。子供のじゃれあいは身体的・知的・社会的な成長に重要。

・健康にいい

人は動物と一緒にいることでリラックスし、血圧やコレステロール値が低下、病気の回復力や適応力を高め、また、共に散歩することで体力的な衰えを予防できます。

NAVERまとめ

ペットを飼うとこのようにメリットがたくさんあるわけです。

 

しかし、もちろんデメリットもあります。

ペットを飼うデメリット

このデメリットをしっかり考え、

どのように対応するかを考えてから飼うと

その後の家族内での争い、ストレスが少なくなります。

・長期の旅行ができない

・病院代、餌代などお金がかかる

・世話をする手間がかかる

・死んだらかわいそう

・家が汚れる

このようにデメリットもたくさんあるわけです。

子供が好きだからという理由だけでペットを選ばない

では、何をペットにするか?どのように決めるのか?

ペットを飼うデメリットの多くは、お金で解決できるものです。

しかし、お金では解決できず、しかも結構な負担になるものがあります。

それは

毎日のお世話!

家族会議で決める家庭も多いかと思いますが、

「子供が好きだから」という安易な理由でペットを選ばないでください。

その時は、

「私、僕がお世話をする!散歩に連れていく!」

と言いますが、ほとんどがしなくなります。

しなくなったら、誰が世話をする。

そう、お母さん、妻です。

この世話を妻が負担に感じると日々のトラブルが発生します。

 

ですから、ペットを何にするか?で迷ったときは、

妻の好きな動物をペットにすべきです!

妻が好きな動物だと、みんながしなくなったお世話をすすんでしてくれて、しかも癒されている感じです♪

今回もペットはメスのにわとり。名前は「チッキー」

今回もペットはメスのにわとりにしました。

その理由は、

・毎日、新鮮な卵をタダで食べることができる

・うるさくない

・手がかからない

・結構、なついて可愛い♪

*参照記事「イケダハヤト氏のように、ど田舎に住んでいる人に「メスのにわとり」をペットとして飼うことをおススメする理由

 

いろいろ理由はありますが、最大の理由は、そう!

妻が鳥が大好きだということ

こんな感じで楽しそうに毎日餌をあげたり、水を変えたり、遊んだりしています。

IMG_7431

まだまだ、ひよこ🐥 かわいいでしょ。

チッキーのおしり↓

IMG_7461

そしていつものように、おしゃれちっくに。

IMG_7466

りゅうじんのつぶやき

ペットは癒してくれますよ。

しかし、一歩間違うとペットが原因で喧嘩がおこってしまうことも。

これでは、せっかくペットを飼っているのに、意味がないし、ペットもかわいそうですよね。

ということで、妻が好きな動物をペットにしましょう♪

いつもありがとうございます。
ポチッと応援、よろしくお願いします。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村


30代サラリーマン ブログランキングへ

スポンサーリンク


日本で初めて、購入いただく毎に施設で保護されている犬にフードを寄付することができる、プレミアムドッグフード。

1つお買い上げいただくごとに1日分を寄付します。