今日、嫁が夕食でハラペーニョを切った後に悲劇が。。。

「手がヒリヒリして痛い。やけどの後のよう。(涙)」

というので、ネットで対処法を調べ、トライしてみました。

そしたら、ヒリヒリがほぼ取れる方法が分かりました。

トウガラシで手がヒリヒリして痛い時の対処法をお伝えします。

最も効果があった!サラダ油でこすった後に石鹸で洗う

IMG_6816

油は、サラダ油でもオリーブオイルでも何でもいいです。

今回は、サラダ油を使いました。

そして、塗り塗り・・・

IMG_6817

この後に石鹸で洗います。

IMG_6814

これで、ヒリヒリした痛みがほぼ取れたと言っています。

100の痛みが10ぐらいになった」と喜んでいました。

この理由を調べてみると、wikipediaに答えが!

このヒリヒリの原因は、辛味成分のカプサイシン。

wikipediaでカプサイシンを調べるとこのような説明が。

脂溶性の無色の結晶で、アルコールには溶けやすいが冷水にはほとんど溶けない。

摂取すると受容体活性化チャネルのひとつであるTRPV1を刺激し、実際に温度が上昇しないものの激しい灼熱感をひきおこす。この機構はメントールによる冷刺激と同様である。

また、痛覚神経を刺激し、局所刺激作用あるいは辛味を感じさせる。体内に吸収されたカプサイシンは、脳に運ばれて内臓感覚神経に働き、副腎のアドレナリンの分泌を活発にさせ、発汗及び強心作用を促す。

一文字目に答えがっ!
ヒリヒリの原因であるカプサイシンは、脂溶性。つまり、油に溶けるということです。
なので、今回はサラダ油にとけて痛みがおさまったということですね。

その他にやってみたのはこれです。

トウガラシでヒリヒリしている部分をコーヒーの粉で磨く

IMG_6815

見た目は、ちょっと汚いですが、

これは「100が40になった」ということでしたので、

結構、コーヒーの粉で磨くのも効果がありますね。

最後にたどり着いた特効薬がなんと!!
「コーヒーの粉をピーリングするように刷り込む」ということ。
コーヒーの粉の中の油成分が唐辛子の成分カプサイシンと中和される上に皮膚の表面にしみ込んだカプサイシンを削り落すのかしら。

右手よりも幾分か痛みが軽かった左手はコーヒーの粉で我慢できる程度まで回復。

でもまだ右手は少し痛みが和らいだ程度で、でもまだジンジン保冷剤を手放せない程度。

横浜 DECOクレイクラフトサロン Felice(フェリーチェ)~幸せな気持ち~

コーヒーでヒリヒリが治まる理由も、結局コーヒーの油成分がカプサイシンを溶かすということですね。

ですので、ダイレクトな油のほうが効果があるということです!

まぁ、こうなる前に、ナイロンの手袋をしたほうがいいのでしょうが。。。笑

 

トウガラシに含まれるカプサイシンダイエットはもう古い!

トウガラシに含まれる「カプサイシンで痩せる」とうたったサプリがありますが、まぁ、飲むだけでは難しいですね。

2カ月で1000台を完売したダイエット専門店が作った「キャビテーションマシン セルフキャビ2」。

このようなダイエットに実績があるものがいいですね。

公式ページはこちらから⇒驚異的大ヒット!【セルフキャビ2】