満員電車で90~100%の高確率で座る方法を伝授!

私は、サラリーマンブロガーで毎日片道1時間半電車で通っています。

「え~、片道1時間半も通勤なんて最悪~」って声が聞こえてきそうですが、意外とそうでもありません。

それはなぜかというと、毎日往復座って、ブログや副業の時間に使い充実した時間が過ごせているからです。

座っているのと立っているのでは、本当に雲泥の差ですよね。

立っているだけで疲れるし、満員電車ではもみくちゃにされますし。。。汗

しかし、座れれば天国です♪

電車の中で特に何もしなくても寝ることができれば疲れが取れ、満員電車もなんのその。

また私のように副業の時間にあて、この通勤時間だけで毎月10万円稼ぐことだって可能です♪

参考記事:サラリーマンをしながらブログで月に10万円を稼いでいる具体的な方法

 

今回の記事では、私が毎朝どのようにして通勤電車で座ることができているかを具体的にご説明します。

これで、あなたの通勤ライフはかなり明るい充実したものになるはずです。
ぜひ、参考にしてください。

通勤電車で席を確保することは子供の頃にやった「イス取りゲーム」と同じ

ほとんどの人が子供のころに「イス取りゲーム」をやったことがあるのではないでしょうか?

イス取りゲームでは、イスの数がゲームに参加する子供の数より少ないので、座れなかった子供が脱落していきます。

通勤電車で席を確保するためには、席と人の数を考えればいいんです!

あなたが席を確保したければ、以下の2つを考えればいいだけです。

・席の数を増やす

・席を奪い合う人数を減らす

このように書くと、「そんなことできるわけないじゃないか?」というクレームが聞こえてきそうですが、まぁそう焦らずに読み進めてください。

この2つの要素で席の数は増やせません。
椅子を持ち込むわけにはいかないのでw

ということで、電車で座るには、奪い合う人数を減らすことに注力すればいいわけです!

では、これから具体的に満員電車で座る方法をお伝えしていきます。

始発駅は無敵!

始発駅で電車待ちの列の前のほうに並べれば、100%の確率で座れます。

ですので、始発駅が進行方向等は反対でも2~3駅であれば、一度、始発駅に行き、そこから乗ることはおすすめです。

電車に乗って立って無駄な時間を過ごすことと座って作業できる費用対効果を考えて、始発駅に戻るかどうかを判断してください!

このことから考えると始発駅の近くに住むことは、あなたの将来にとってかなり有効になります。

駅の改札から遠い端の車両は乗車する客が少ない

改札や階段からホームに出て、距離が遠いほうの車両は乗車する人が明らかに少ないですw

多くの人は、目前の努力はしたくないもの。
乗る車両まで遠いからですね。

しかし、少し歩くだけで座れる可能性はかなり高くなります!

数百メートル歩いただけで座れるならば、絶対に歩いたほうがいいです。

改札を入ったら遠い車両を目指して歩きましょう!

車両の端に近いドアで席に座る人を制限する

実は、この記事はこれから説明する「満員電車で座る方法」をお伝えしたく書いたものなんです。

それは、電車の端からドアまでの席の数(下図、白四角内の席数)とそのドアの前に並んでいる自分より前にいる人の人数を比較することです!

電車の席に座る方法を表しているこの図内の白四角で囲まれている空いている席の数があなたより前に並んでいる人の数が多ければ、ほぼ100%座れますよね!

このポイントを日々の通勤で見つけてください。

「空いている席の数や並ぶ人の数なんて毎日変動するでしょ」と思われるかもしれませんが、時間が同じであればほとんど変わりません。

ただし、4月は新しく働き始める人が多いので変動の可能性は高まりますので、注意してください!

電車で座ったら自分の価値を上げる時間として使う

今回、ご説明した方法で席を確保したら、あなたの価値を上げる時間として使いましょう!

今、お金で悩んでいる人はブログを書くことをおすすめします。

通勤の時間で月に10万稼ぐことも可能です。

この方法は、以下のこのnote「サラリーマンをしながらブログで月に10万円を稼いでいる具体的な方法」で解説しています!

 

また、あなたの希少性を上げるために英会話を習得させたい、上達させたい人はこの英会話の上達法を解説したこの記事を読んでください。

私がどのようにして、アメリカで仕事をし、英語でプレゼンできるようになったかを詳しく解決しています。

 

往復の電車で席を確保し、自分の価値を上げる。
これを毎日継続することで、あなたの希少性は増し、お金には困らなくなります!

お互い頑張りましょう!!