bal

 

目標を達成するための方法を数回に分けてシェアしています。

今回の記事は、前回の この記事 の続きです。

目標達成には、目標達成のための行動を「あたりまえ化」すること

が重要なことは、分かったけど、

ではどのようにしたら、「あたりまえ化」できるのか?

その方法ついてお伝えします。

目標を達成するためには、まずこれが必要!

自分の思うとおりに何かを進めたい(「リーディング」と言う)のであれば、

まずは相手とのラポール(信頼関係)が不可欠です。

(「絶対達成の法則」より)

 

目標達成のためにともに行動している相手、仲間と信頼関係がぎくしゃくしているような状況ではいい仕事なんてできません。

しかし、人間関係で悩んでいるサラリーマンは、結構多いのではないでしょうか?

先日、後輩と話しをしていて、

「先輩の態度がきつくて、もう一緒に仕事をしたくない」

と言っていました。

しかし、よく話を聞いていると、まだ若い彼は、先輩の言うことをはねつけるような言動をしていることが分かりました。

このように信頼関係が構築されていない状況では、いい仕事なんてできるはずもありませんよね。

では、どのようにしてラポール(信頼関係)を築いたらいいのか?

信頼関係の築き方についてはこうです。

相手とペースを合わせる。つまりぺーシングをすればいいのです。

相手をペースを合わせてコミュニケーションをとったり行動し続けると、正しくラポールが構築されるのです。

(「絶対達成の法則」より)

 

私はアメリカに赴任したあとに、同じチームの一人のメンバーのやり方が気に入らず、徹底的に討論し、関係を悪くしたことがあります。

関係が悪くなると、依頼した仕事も優先的にしてくれないですし、日常もギクシャクし、結局は目標達成にとってマイナスにしかなりませんでした。

これに気づいてからは、ぺーシングして関係を修復に努めました。

仕事が遅い人にイライラして、もっと早くするように急かしても、彼には彼のペースがあるので、関係は悪くなるだけなんですよね。

彼の行動、意見も尊重しつつペーシングして、

今は機嫌よく働いてくれるようになりました^^。

「①ペーシング」→「②ラポール」→「③リーディング」

この手順は、今後の説明でも非常に重要になるものなので、覚えておいてください。

あたりまえ化の4ステップとは?

では次に、目標達成するための行動を「あたりまえ化」する方法を説明していきます。

私がTOEICで800点取れたり、英会話を習得できたのも、

ボキャビルダーという英語教材に、毎日約1時間、あたりまえに取り組んだからです。

あたりまえにというのはどういう状態かというと、何のストレスなく、あなたが毎朝歯を磨くような状態です。

歯を磨くときに、

「あ~、今日は歯を磨きたくないなぁ~。でも、身だしなみだからしょうがないから磨くか。」

なんて考えませんよね。

例えば、このボキャビルダーという英語教材でいうと、

最初のうちは、「今日もボキャビルダーやるか~、あまり気が乗らないけど、英会話を習得するためだから仕方ないか」という感じで取り組んでいました。

しかし、ボキャブルダーに取り組むことが、あたりまえになれば、毎朝歯を磨くように何の苦も無く取り組めるようになるんです。

私の場合は、このような状態になるまで、約1ヶ月でした。

あたりまえ化=考えなくても行動できる状態

です。

あなたの目標を達成できる行動に対して、この「あたりまえ化」ができたら、目標はかなりの確率で達成できるようになります。

「あたりまえ化」するためには、以下の4つのステップをクリアしていく必要があります。

 

1「わからない状態」

「知らないからできない」という状態です。

車の運転にたとえると、運転方法を知らないから運転できない、ということです。

 

2「わかっちゃいるけど状態」

「知っているのにできない」という状態。

車の運転では、運転方法は学んだけれども、実際の運転はできない状態です。道路標識や交通ルールは覚えたし、アクセル、ブレーキ、ハンドルなどの操作方法も習った。それでも、まだ運転はできない状態を指します。

 

3「がんばる状態」

「意識しているときはできる」という状態。トレーニングを繰り返し、身体に覚え込ませている最中です。

教習所で何度も運転の練習をすると、意識すれば、なんとか運転できる状態になるでしょう。ただし、「がんばる状態」とときは肩に力が入り、常に緊張していますので、大きなストレスがかかります。

 

4「あたりまえ状態」

「無意識にできてしまう状態」。「できる」のではなく、「できてしまう」のです。ストレスは一切なし。モチベーションなどまったく関係がありません。車の運転になれている人であれば、頑張らなくても運転できますよね。その状態を指します。

4steps
(「絶対達成の法則」より)

 

次の記事では、実際に各ステップをどのようにクリアしていけばいいのか?

その具体的な方法についてお伝えします。

【次回予告】

こんな方法あるなら、もっと早く知っておきたかったよ。

 

横山 信弘 ダイヤモンド社 2012-11-02
売り上げランキング : 6865

by ヨメレバ