私には二人の娘がいます。

どのようにして子供を育てるかということは、私にとって大きなテーマの1つです。

アメリカは典型的な賞罰教育なんです。
優秀な子には、ご褒美としてキャンディーが与えられたり、宿題が免除されたりするんですよ。

そうでない子には、ご褒美もないし、ひどくなると親を呼び出して、親ともども怒られる。当然、この子供はその後も家に帰って、親から怒られるでしょう。

また家庭でも、学校でいい点数を取ったり、たくさん勉強したら、ご褒美におやつをあげたり、そうでなければ「おやつ抜き」のような罰を与えたりしていました。

勉強をして、学力のみを上げ、偏差値の高い大学、大企業に入っても幸せになるとは限らないと知りながら。。。

こんな学校での教育を目の当たりにしたり、自分がしている教育に対して、「なんか違うなぁ」と違和感を感じていたんです。

そんな時にすごく腑に落ちた子供との付き合い方を知り、それを研究し、子育てで実践したところ、子供が明るくなり、生き生きとし始めたんです。

子供を育てる時には、褒めることも叱ることもしてはいけないんです!

うまくいき始めた私の子育てのポイントについてお伝えします。

この続きは、100円で読むことが出来ます。

子供が最近、生き生きして楽しそうなので、100円の価値はあるかと思います♪

是非、読んでください↓