英語は今後、ますます必要になりますよ。

楽天、ユニクロが英語を公用語化したように、他の会社も英語の公用語化が進んでいくと思います。

私もだんだん外国のお客さんと話したり、英文メールを書く機会が増えています。

本田直之氏は、英語に関して以下のように語っておられます。

ビジネスパーソンにとっての英語は投資アイテムではなく、最低限もっているべき資本

英語は「できたほうがいい」という有利なオプションではなく、「できなければマイナスになる」という必須アイテム。英語を勉強するのは面倒くさいけれど、勉強しなければもっと面倒くさいことになります。(「LIVE SIMPLY」より)

では、なぜ私が「TOEIC730点は、学生のうちに、入社してすぐに取ったほうがいいよ」と思うかについて説明。

入社時点でTOEIC730点をもっているを、英語ができる奴というレッテルを貼られる

TOEIC730点は、時間は違えど、勉強さえ継続できれば、誰でも取ることができるんです。

しかし、学生の間にTOEIC730点を取得している人は、1割もいないでしょう(英文学科などは除く)。

学生の皆さん、あなたのクラス、周りに何人いますか?ほとんどいないと思います。

私の会社でも入社時点で、TOEIC730点取ってる人はかなり少ないです。

ということは、TOEIC730点取っていると周りと差別化しやすい。

「こいつは英語ができるやつ」と思われ、うまくいけば「こいつはできるやつ」となるんですよ。

学生時間のTOEIC730点を取るための金、時間の投資以上にリターンが大きいんです。

入社して時間が経てば経つほど、英語学習に費やしている暇なんてない

入社して1,2年目は仕事を覚えることは多いですが、自分が中心となってプロジェクトをするような人はほんの一部で、はっきりいって仕事以外の時間が多い。

サラリーマンだと、会社での地位が上がれば上がるほど時間がなくなり、(残念なことに)英語が必要になります。

外国のお客さんのアテンド、海外子会社とのTV会議、海外出張などなど。

また、このような時期には、結婚し、子どもができ、家族サービスもしないといけない。こんな中で英語学習にとる時間を捻出するだけでも一苦労なんです。

学生時代、新入写真時代にギュっと勉強して、TOEIC730点取ることをおすすめします。

私は、入社して結婚後に取ったので、英語学習の時間をとるのに苦労しました。(汗)

TOEIC730点を効率よくとるための私の勉強法

学生時代、新入社員時代は、時間があるとは言えども、できるだけ効率良くいい点数を取りたいと思うのは当然でしょう。

ましてや、あなたが会社である程度の地位にいて、英語が必要になっている状態だったらなおさら。

私が重点的に取り組んだ学習内容は

1. 単語力強化のためにボキャビルダー

2. TOEIC公式問題集

の2つです。

このボキャビルダーという単語教材ですが、1日33分の学習でTOEIC730点は十分突破できる教材です。

また、英会話機能も追加され、海外で生活するための基本会話は十分マスターすることができ、私も未だにこの教材での学習を継続しています。今では日課になりましたね。

一ヵ月無料で試すことができますので、おすすめです。

ボキャビルダーを一ヵ月無料で試してみる⇒ボキャビルダー公式サイト

 

TOEIC730点を効率よく、簡単にとった方法の更なる詳細は、以下の記事に書いていますので、参考にして下さい。

TOEICの結果が返ってきました!自分の強みを作るために。

7月に受けたTOEICのスコア発表!果たして目標は達成できたのか?!

英語学習に関して、何かご質問がある場合は、お気軽にコメント下さいね。

いつもありがとうございます。
ポチッと応援、よろしくお願いします!!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村


30代サラリーマン ブログランキングへ

人気記事

■はげ、薄毛に効くという育毛用飲み薬「プロペシア」。アメリカでの入手方法まとめ 。日本ではここで手に入れる。

入社したら3年は働かないと・・・なんてとっくに時代遅れ。学ぶことがなく、ストレスのみならさっさと転職すべし。

海外赴任するためには準備が全て!私が海外赴任を勝ち取った方法を公開