仕事をしていると、いろいろ辛いことがあると思います。

楽しいはずの休日に月曜日からの仕事を考えて憂鬱になるのは、黄色信号。

このような精神状態では、日々の生活が楽しくないでしょうし、仕事で満足な成果を得る確率もかなり低いでしょう。

楽しくない上、満足な成果も得られず給料も上がらない。
まさに最悪。。。

私はサラリーマン生活を13年やっていますが、対人関係で悩み、「うつ」になりかけたことがあるんです。

上司と反りが合わず、毎日文句を言われ続け、理不尽だと思い言い返したら、倍返しどころか数倍返し。。。
何を言っても文句を言われる日々。

このような状況を打開しようと何かアクションを起こしても、また説教されるという、まさに八方ふさがりの状態でした。

こんな日々が2年も続きました。

こんな状態になると発言もできないし、積極的に行動することもできなくなるんですよ、人間って。
何を言っても、何をしても文句を言われるだけですし、何かを変えてやろうというモチベーションは完全に無くなっていました。

しかし、そんな中、アドラー心理学の教えを説いた本「嫌われる勇気」を読み、心がかなり楽になったのを、今でも覚えています。

「すべての人は変われるし、幸福になれる」

ちょっと胡散くさく感じる人もいるかもしれませんが、
その後、アドラー心理学を勉強し、この考え方を実践できるようになって、私は前に進む勇気を手に入れることが出来ました。

そして、うつ状態から抜け出し、今はやる気をもってアメリカで仕事をしています。

最悪な状況、不幸な日々から抜け出し、楽しく仕事をできるようになった方法についてお伝えします。

人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである

ベストセラーになったアドラー心理学の教えを紹介した「嫌われる勇気」を読まれたでしょうか?

この本は、フロイト、ユングと並び「心理学の3台巨頭」と言われるアルフレッド・アドラーの思想、アドラー心理学を一般向けに分かりやすく書かれた本です。

アルフレッド・アドラーは、

人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである

と断言しています。

「おいおい、それは言い過ぎだろう」と思われた人もいるでしょう。

私は13年間のサラリーマン生活で、いろいろな悩みを抱えてきましたが、悩みの原因をたどっていくと、そのほとんどが対人関係に行きつくんです。

対人関係で悩んでいた私の経験

いろいろな悩みの中でも、私がもっとも悩み、うつ状態になった経験談をお話しします。

私は入社した後、幸いにも希望の部署に配属なり、いろいろ辛いことを経験しながらも仕事に「やりがい、楽しみ」を感じながら仕事をしていました。

しかし、入社7年目に他の部署へ異動に。
そして、異動先の部署の上司と反りが合わず、最悪な日々を送ることになったんです。

何をしても文句を言われる。
上司の意見が自分の考えと違い意見すると、倍返しどころか、数倍返しで文句を言われる。

このような日々を送る中で、生まれて初めて、

目標をもって好きなことをしていても、

人間関係、対人関係が悪くなると、

楽しいことですら面白くなくなる。

そして最終的に不幸な人生になるんだ。

という「人間関係の重要性、人間関係の及ぼす影響力の大きさ」に気づきました。

今思い返しても、最悪な2年間でしたよ。

「自分の課題」と「他人の課題」を分ける

日々の指導(?)、教育(?)がいじめにしか思えない上司に、貴重な人生の時間を不幸にされては本当にもったいない。

仕事でこのような状態になると家族との時間も不幸になります。
休日に家族と過ごしていても、月曜からの仕事のことを考えて、心から楽しめなくなっていました。
今思い返すと、これは完全に「うつ」状態ですね。

どんな悩みでもそうですが、悩んでいる時は、悩みを引き起こしている原因が、かなり複雑に感じます。
悩めば悩むほど、解決できないように思えてくる。

しかし、この考え方を知っておくだけで、問題をかなりシンプルにとらえることができ、無駄に悩む必要がなくなりました。

その考え方とは、

「自分の課題と他人の課題を分ける」

ということです。

この考え方をするようになり、無駄に悩む時間、ストレスをかなり減らすことが出来ました。

課題を分けるとは?

あなたが以前の私のように、日々、上司に愚痴を言い続けられる状況下にいるとします。

上司があなたを理不尽な理由で嫌っていて、文句を言い続けているとすれば、それは「あなたの課題」ではなく、上司の課題なんです。

「他人の課題」とは、あなたでは変えることが出来ない、手の届くものではないんです。

ですので、その「他人の課題」を変えようとすること自体が間違っているのです。

ここでのポイントは、

あなたが変えることのできない「他人の課題」に対して、「なんとか変えよう」とか、「いろいろ考え悩む」ことをバッサリ止めること!

あなたがへりくだって、ゴマをすったりする必要は全くないんです。

あなたがすべきことは、あなた自身の目標達成のために、前向きに取り組むことなんです。

これが「あなたの課題」です。

対人関係で悩んでいる時は、環境を変えるのがベストの選択

「自分の課題」と「他人の課題」を分けて考えるようになり、日々、上司から文句を言われ続けるような状況でも、私は自分の力で変えることができる「自分の課題」に前向きに取り組みました。

しかし、1年経っても、上司の愚痴は続いたまま・・・

もうこれはどうしようもないと思い、環境を変えることを決意しました。

 

具体的にどのように行動したかというと、

問題の上司のその上の上司に「辛いので、所属部署を変えてください」と直訴したのです。

これだったら、問題の上司に、ばれることはありません。

 

合わない人は合わないし、人を変えることはできないんです。

自分が不幸になるような対人関係は切るべきです!

無理になんとかしようとしても時間の無駄ですよ。

 

対人関係で悩みをもち、「この人とは一緒に仕事をしたくない」、「一緒にいたら不幸になる」と思ったときにすべきことは、

その環境から抜け出すこと!

まずは、勇気を出して、部署異動を会社に持ち掛けましょう。

「そんなことはできない!」と諦めて不幸な日々を過ごさず、ちょっと勇気を出し行動してください。

私の場合は、部署移動を直訴した上司が、真摯に話を聞いてくれて、対応してくれました。

環境を変えなければ、あなたはこれからもずっと不幸な日々を送ることになります。
たった一人のつまらない上司のせいで。

会社があなたの異動希望を聞いてくれない場合

悩みを話し、部署異動を直訴したけど、会社があなたの希望を聞き入れず、異動出来ない場合はどうすればいいのか?

そんなときは、転職をして環境を変えればいい。

あなたを苦しめるような人間がいる環境で仕事をし続ける必要はないんですよ。

転職といっても分からないことが多いと思います。

今は、転職サイトが充実しており、転職エージェントが無料で相談にのってくれます。
また、働きながらでも転職活動が出来るように、土日でも相談に乗ってくれるエージェントもいます。

私もこの悩んでいる2年の間に、あらゆる転職サイトに登録しました。登録は無料ですし。
かなり、必死でしたね。(苦笑)
実際に2人のエージェントと会ってお話しもしました。

 

以下に、おすすめの転職サイトと各サイトの簡単な特徴を書いておきますので、参考にして下さい。

まずはじめは、気になったサイトを2つほど登録しておくといいです。

登録すると転職エージェントからメールが来て、いろいろな情報がもらえ、転職はできるものなんだと実感できますよ。

その後、勝手が分かってきたら、自分が望む求人のありそうなサイトも追加で登録したらいいです。

 

<おすすめの転職サイトリスト>

レバテックフリーランス⇒フリーランスのエンジニア、デザイナー向け。業界最大級の案件があり、高単価の案件が多いのが特徴。

ワークポート⇒業界唯一のIT・インターネット業界専門。転職コンサルタントの評価が高い。関西、福岡の案件が充実している。

リクナビNEXT⇒リクルートが運営する大手求人情報サイト。無料で自分の強みがわかる「グッドポイント診断」が出来る。

ビズリーチ⇒会員数8万名以上、日本最大級のハイクラス転職サイト

ギークスジョブ⇒エンジニアで独立したい人向け。12年以上の実績を持ち、「懇切丁寧な対応」が強み。

UTWO⇒第二新卒向けサイト。ブラック企業を徹底排除した案件で安心。

対人関係の悩み解決法 まとめ

・「すべての人は変われるし、幸福になれる」ことを知る。

・対人関係の悩みを引き起こしている原因について「他人の課題」と「自分の課題」に分ける。

・理不尽に怒る上司や蔭口をいうような同僚は「他人の課題」なので、そこには干渉しない。

・あなた自身は「自分の課題」である「目的を達成するために前向きに仕事に取り組む」ことだけに集中する。

・「あなたの課題」ではない理不尽に怒る上司などの態度がそれでも変わらない場合は、環境を変える(異動、転職)。

この段階を踏めば、対人関係の悩みは多くの場合、解決すると思います。

人は変えられないし、合わない人は合わないんです。

しかも、それはあなたが悪いわけではない。
「我慢、我慢」という昭和の考え方をバッサリ捨てて、早くいい環境であなたの能力を活かして仕事をしたほうが、いい成果が出やすいし、人生も幸せになります。