海外の日本食レストランというのは、なんちゃって日本食が多いです。

どうしても食べたくなったら、アメリカでも行きますが、通常は妻の日本食に満足しているんで問題なし。

しかし、長期の海外出張が困るんです。

ずっと現地の食事ですよ。

初めのうちはいいのですが、3日もすると飽きる。

今日はブラジルに出張に来て5日目。ブラジルの食事は美味しいのですが、はっきり言って、もう飽きていました。

そんな時に取引先の人から「今日は日本食レストランにいく」と。

神が下りてきたぁ!

しかし、やはり海外の日本食レストランです。

ブラジルのペトロリナ市の「須田すし(SUDA SUSHI)」に行ったのですが、

驚愕のお寿司がありましたので、私が勝手に決めた驚愕の寿司ベスト5を発表しちゃいます!

驚愕の寿司 ベスト5 イタリアン巻き ITALIAN HOLL

えーいきなり、なかなかのきつさ。

ITALIAN

酢飯に、トマト、ルッコラ、クリームチーズ。

日本とイタリアの食文化の融合?

この融合の仕方は間違ってるでしょ?!

驚愕の寿司 ベスト4 チョコ巻き CHOCO MAKI

これも、きついでしょ。

IMG_8069

 

酢飯とチョコと真ん中にはクッキー。

注文する人がいるのでしょうか?

ワインに合う?

いや、合わないだろっ!

驚愕の寿司 ベスト3 イチゴ巻き MORANGO MAKI

MORANGOとは、ポルトガル語で「イチゴ」。

IMG_8071

酢飯に、いちごとクリームチーズ。

クラッカーの上であれば、ありでしょう。

はっきり言いましょう。酢飯の上は、なしです!

驚愕の寿司 ベスト2 KANI GUTI

何?カニグチって。。。

kaniguti

カニ棒に、ヨーグルトとイチゴって。

絶対に組み合わせたらいけないものを一緒にしちゃった感じです。(汗)

そして、栄えある驚愕の寿司、ベスト1は。。。

驚愕の寿司 ベスト1 トロピカル TROPICAL

まずはネーミングから突っ込ませてもらいますよ。

寿司なのに、「トロピカル」って。。。(苦笑)

IMG_8074[1]

酢飯に、イチゴ、サクランボ、クリームチーズ。

これは、もはや罰ゲーム用でしょ。

こちらが実物↓

IMG_8076

右側がトロピカル! 左がイチゴ巻き。

はっきり言って、両方ともいらない。(汗)

誤解のないように言っておきます。普通のメニューは美味しいです!

もちろん、普通のメニューもありまして、こちらは普通に美味しいです♪

こちらは、注文した握り寿司の盛り合わせ↓

IMG_8066

 

味噌汁↓

ほんだしがきいてて、ありでしたよ。

IMG_8056

 

海鮮の酢の物もあります↓

IMG_8065

 

そして、こちらは春巻き↓

IMG_8063

お店は平日にも関わらず、凄く繁盛していました。

IMG_8068[1]

りゅうじんのつぶやき

文化の違いは、このような斬新な新メニューを生み出す力があるんですね。

日本でふつうに生きていたら、このメニューは作らないですよ。

あえていつもと違うことを試したら、新しい発見があるかもしれませんね。