kodoku

 

このヤフー記事「ボロ雑巾になって捨てられる社畜たち」を
読んで愕然としました。

私も企業に勤めるサラリーマンですが、
私が思っている以上に酷い労働環境って実在するんですね。

この記事を読んで思ったことは大きく2つ。

1.もう終身雇用の時代は終わっている

2.会社の仕事をゆだねるのではなく、どこででも収入を
得ることができるスキル、方法を見つけるべき

 

これまでの時代は、大企業に入れば、仕事を与えられ、
その仕事できちんとこなしさえすれば、60歳で定年を
迎えるまでは収入が減ることはなかったんですね。
いわゆる終身雇用の時代。

しかし、もうこの時代は終わっているのです。
会社の利益にならないような働き方しかできない人は、
酷い仕打ちを受けることがあるし、経営が傾くと容赦なく
リストラされる。
これは、非常に残酷な感じはしますが、ニュースを見ていれば
こうせざるを得ない会社の経営状況も理解できます。

大企業が倒産の危機に瀕している時代。
利益を生み出せない人までも
雇うことができなくなっているということです。

終身雇用が終わった時代にするべき対処法

会社に委ねることができなくなった今、現在、会社に所属している人にとっても
必要な考え方、対処法は、
「会社に所属していなくても、たとえ今日リストラにあったとしても
生活に必要なお金を自分で得るスキル、方法を習得すること」

収入を全面的に会社に委ねるのって、冷静に考えると非常に怖いですよね。
会社の経営が傾いてくると、多くの人を雇えなくなります。
人権費が最もかかる経費であることを知っておかなくてはいけません。
経営者の立場になって考えると
「雇えるお金がないから、リストラもしょうがない」わけです。

サラリーマンはどのように副業を選ぶべきなのか?

インターネットが普及し、いろいろ稼げる方法はあります。

・せどり

・アフィリエイト

・転売

・FX

・株

などなど。

しかし、サラリーマンには、「時間の制約」があります。

それともう一つ、「リスクはできるだけ低くしたい」ですよね。

副業でもう一つの稼ぎ口を見つけたい人は、以下のホリエモンの4原則に
当てはまるものを選ぶことをおすすめします。

1.小資本で始められる

2.在庫がない、あるいは少ない

3.利益率が高い

4.毎月の定期収入が確保できる

私は、以上のことを考え次の2つを選んでいるんです。

一つは、このブログの運営。

ブログは、ホリエモンの4原則の1~3を満たしていますし、
いい記事を書き続けることで月に読まれる回数PVが安定し、
毎月の定期収入が得られるようにもなるので、4も満たすよう
にもなりえます。かなりおすすめの副業です。

 
もう一つが、英語力の習得。

なぜ、これを選んだかというと好きだからです。(笑)
というのが第一の理由ですが、これだけではありません。

サラリーマンの人で最近、仕事で英語を使う機会が増えていませんか?
海外での仕事が増えるにつれて、英語力を重視する企業が増えています。

英語力があると万が一、リストラされたとしても
転職しやすいし、給料も高い水準を維持できる可能性が高い。

参考記事 ⇒ 就職、転職にTOEICの高得点は、やはり有利!年収が200万も違うという事実があるんです。

それともう一つは、TOEICで高得点があれば、
TOEIC対策を教える側になれます。

つまり、これが職業に直結するわけです。

このような理由で、サラリーマンとしての仕事以外に

①ブログ運営と②英語力の強化(TOEIC高得点)

の二つにも力を入れているのです。

みなさんも、収入を会社だけに頼るのではなく、
収入源をいくつか持つことを始めたほうがいいですよ。

ブログ運営に関する参考記事

⇒ サラリーマンをしながらブログで月に10万円稼ぐ方法

英語力強化のための参考記事

⇒ 「英語ができるようになった人」が最後に選んだ勉強法