speech

近畿大学の卒業式でホリエモンこと、堀江貴文さんの卒業生に送られた言葉、スピーチが素晴らしいんです。

見てない方は、You Tubeで見れますので、是非、ご覧下さい!

まず登場が、adidasの(恐らく)ロンTシャツにラフなジャケット。
ちなみに周りの出席している大学の先生、生徒はスーツ、着物です。これは、スピーチにも出てくる常識にとらわれない生き方の象徴の一つと受け取りました。

スピーチで特に感動し、共感を覚えた部分。

これからの時代を生き抜くためには、
情報を自分で収集して、自分で考えて行動する力を身につけることです。そして、常識に縛られないことです。

この考え方はサラリーマンでも、すごく重要な考え方だと思います。
会社におんぶに抱っこで仕事をしていくのと、世の中の動きを見てどのような会社にしていこうと考えて仕事するのとでは、大きな差が生まれると思う。

未来を悲観することはないです。
未来は僕は皆さんの心掛け次第だと思います。

日本も年金、少子化などのいろいろ問題がありますが、私たちが問題、現実に真剣に向き合い、考え、一生懸命生きることが重要ですね。

僕は悪いことは忘れることにしています。
過去を悔やんでもいいことは何一つ無いです。

このことは、多くの成功者がよく言ってることなのですが、

プラス思考でいきると35%生産性があがると言われています。

たとえば、高速道路でスピード違反で捕まり、2万円の罰金を払うことになったとします。「うわぁ、最悪やぁ。」と一週間ぐらい凹んで人も多いでしょう。

しかし、成功してる人は、考え方が全く違うのです。
「今捕まって、よかった。もっと後だったら、もっとスピードが出ていて罰金が5万円になっていたかも知れない」

「今捕まってなかったら、スピードを出しすぎて事故して、しんでたかもしれない」

このように考え、前者の人たちが落ち込んで過ごした1週間の間にも、ばりばり仕事したり、楽しんだりしているしているのです。

この前向き、ポジティブな考え方は、絶対したほうがいいですね。

過去を悔やんでも、意味が無い。

このスピーチで堀江さんも語っておられますが、

問題が起きたら、再発防止策をしっかり考えて、その後はさっぱり忘れる。

このことを心がけるといいです。

 

スピーチの最後に堀江さんが今回のスピーチのまとめとして卒業生に送られたこの言葉

「未来を恐れず、過去に執着せず、今を生きろ」

私も胸に刻んで生きていきます。

 

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援して下さい。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村