福岡県大牟田市にある自家焙煎珈琲専門店「こうひいや」でこだわりのコーヒーを飲みました。

自家焙煎のこだわりのコーヒー、かなり美味しいです♪

IMG_7284

しかし地方では、美味しいものを作っているお店、素晴らしい技術などがあるんですが、知られにくい。

その結果、後世に残したいのに、後継者がいなくて失われることが多いんですよ。

この「こうひいや」からは、美味しいもの、残すべきものを世の中に広げる、後世に伝える術を学ぶことができましたので、シェアします。

「こうひいや」の素材へのこだわり

素材となるコーヒー豆には、やはりこだわりが。

勿論のこと高品質、ハンドピック(欠点豆の除去)などは、当たり前です。

素材としては、バランスのとれた味わいを探します。 苦味・甘味・酸味などのバランスです。

それぞれの収穫時期にあわせ、出来のよいコーヒーをスタッフ全員で選びます。 ですので、不出来なものは、商品としてお休みしたり、入れ替わったりすることもあります。

自家焙煎珈琲専門店「こうひいや」HPより

いいものしか提供しないという信念を感じますね。

お店には、産地から取り寄せられたコーヒー豆が置かれています。

これらがハンドピックされて、自家焙煎されて、美味しいコーヒーへと化けるんですね。

わくわくします♪

お店に置かれている焙煎機が超かっこいー!

お店の端に、焙煎に使われている「フジローヤルの直火式焙煎機」が置かれているのですが、これが超かっこいーです!

こちらです↓

IMG_7277

実際に使われているものですが、これは絵になります。

欲しいわ~。

焙煎法

当店では、フジローヤル5キロ釜の直火式焙煎機を使用しています。

昔ながらの焙煎方法で豆に直接じわじわと火を当てていきます。

自身の五感を鋭くさせ、経験と気候に応じ、その場で判断していきます。

焙煎法は、シンプルで皆様に飲みやすい柔らかな味を作り出します。

お店には、このように自家焙煎されたコーヒー豆が置かれています。

IMG_7279

それぞれのコーヒー豆には、ラベルが付けられており、

採れたコーヒー豆の国や農場の情報、コーヒーの味の特徴が書かれています。

コーヒー豆の置かれた落ち着いた雰囲気の中でコーヒーを飲める

この「こうひいや」さんでは、お店の中で、

ハンドドリップで淹れた自家焙煎のコーヒーを飲むことができます。

うーん、好きな雰囲気♪

IMG_7276

メニューはこちら↓

IMG_7274

11:00~15:00の間は、ランチも食べれますよ。

なくなり次第終わりということなので、早めに行きましょう。

IMG_7275

 

今回、注文したのは、コロンビア産のハンドドリップコーヒー。

深みのあるコク、苦みがあり、しかし飲んだ後に苦みがすーっと消える。
美味しいです♪

IMG_7285

この美味しいコーヒーを多くの人に飲んでもらう企画力が素晴らしい!

このように美味しいコーヒーですが、オリジナル商品もたくさんあるんです。

オリジナリティの追求

プライベート商品をはじめ、企画を考えオリジナルの味を作り出します。 商品化するにあたって、コーヒーだけに限らず、コーヒー関連の商品など、常日頃、アイデアをだしあいます。 日本人ならではの文化・歴史がありますので、日本人にあったコーヒーづくりを心がけています。

例えば、この大蛇山コーヒー。

dc

人気雑誌 『POPEYE ポパイ』 に掲載された、大蛇山珈琲は、
大牟田の物産品として愛されています。
自家焙煎珈琲専門店のこだわりの一品です。
香り高く、やさしい味わいのご当地ドリップバックコーヒーをご堪能下さい。

大牟田市は、「大蛇山」という有名な祭りがあるんです。

この有名な「大蛇山」をあしらったパッケージがかっこいー。

これ買って帰り、飲みましたが、美味いんです!しかも値段も良心的(5個、600円)ですよね。

こうひいや」のホームページから、買うことができます。

 

自家焙煎珈琲を使ったカフェオレベースもあります。

これ、いいですねぇ~。

牛乳で割れば、すぐに美味しいカフェオレができるんです。

cb

当社焙煎コーヒー豆を使用し、上品かつお子様も安心して飲めるカフェオレです。
牛乳または、豆乳、低脂肪乳などでも美味しくいただけます。
カフェオレベース1に対して、牛乳を4~5倍に混ぜていただくと
かんたんにカフェオレの完成です。
幅広いお客様に支持されている商品です。

無添加、保存料も入っていません。

他にもオリジナルで密閉できるコーヒー豆の保存缶や木樽があります。

お店では、オリジナル商品がお店に置かれています↓

IMG_7278

「こうひいや」はメディアにも多数掲載!いいものを拡散するテクも素晴らしい

「こうひいや」は雑誌や新聞などのメディアにも多数掲載されています。

・珈琲時間 2010年8月号

・うちカフェ

・楽園人

・佐賀新聞 2015年11月20日

などなど。

また、HPもデザインが良く、いいものをネット販売できるシステムができています。

「こうひいや」公式ホームページ

cofeehp

SNSなどとリンクするともっと拡散されると思います。

地方でいいものを作ってる方で拡散に困っている方には、非常に参考になると思います。

りゅうじんのつぶやき

インターネットでのウェブマーケティングがどんどん生み出せる中で、悲しいことに「いいもの、美味しいもの」というだけでは、売れなくなってきている現実がありますよね。

しかし、いいものを持っているお店や人は、あとはウェブマーケティングを身に付ければ、かなり売り上げはあがるでしょう。

地方のいいものを発掘し、このブログで伝えて、少しでも地方の活性化につながれば嬉しいですね♪