日本の珈琲マニアの友達が、おススメの珈琲と言って、軽井沢の丸山珈琲の豆を送ってくれました。

フレンチプレスで飲むことをススメてくれたのですが、「何、それ?」状態だった私。

しかし、いろいろ調べながら、フレンチプレスで入れたら、珈琲ってこんな美味かったのかと悶絶級の美味さに!

フレンチプレスにはまった理由、淹れ方をご紹介します。

軽井沢の丸山珈琲のコーヒー豆がピカピカで美しい!

珈琲マニアの友達に以前、Blue bottle coffeeの豆を送ったんです。

そしたら、このお返しにと、おススメの軽井沢の「丸山珈琲」のブレンドを送ってくれました。

こちら↓

IMG_6531

シンプルなバッグでお洒落なデザイン!

そして、袋を開けるといい香りが・・・♪

また、珈琲豆が美しいんです。アップ画像ををどうぞ

IMG_6535

これは、もうもはや芸術ですね。

その彼からの伝言で、

是非、フレンチプレスで飲んで!

とのこと。

「えっ、フレンチプレス???」

と頭の中が?マークだらけだったのでフレンチプレス、調べました。

最高の味を挽き出す、フレンチプレスの淹れ方

私が参考にしたのは、丸山珈琲のHPです。

その1、豆を心を込めて挽く

えー、これは私が勝手にやってることなのですが、ごりごり手で挽いていると、

「時間が無駄、そんなん電動でいいじゃん。」

なんて、言ってくる人もいますが、こんなとこまで効率化なんて言っていると、もう、それはロボットですよ。そんな人生楽しいの?

豆を挽きながら、落ち着く。私はこの時間が好きなんです。

私が愛用しているコーヒーミルはコレです↓

IMG_6532

ハリオ セラミックコーヒーミル・スケルトン MSCS-2TB

これは、もはや相棒ですね。毎日、ごりごりしていますから♪

丸山珈琲のフレンチプレスのレシピはこちら↓

水に対するコーヒー豆の量

350ml=16g

500ml=24g

1000ml=42g

これを基準にして、コーヒー豆の量はお好みでプラマイしたらいいと思います。

その2、お湯を沸かし、注いだ後は4分

IMG_6536

 

まず、半分のお湯をプレスに入れます。入れ始めたら、4分にセットしたタイマーをオン!

豆全体がお湯で濡れるように注いでください。

30秒たったら、残りの半分のお湯も全部入れます。

もちろん、ポットもハリオ!

写真にある私、愛用のポットはコレです⇒ハリオ コーヒードリップケトル・ヴォーノ VKB-120HSV

形がかっこよく一目惚れして買いました。
注ぎやすさも抜群ですよ!

待っている間は、ガス、コーヒーの粉、液体の3層に分かれているのを見ながらワクワクしましょう♪

IMG_6539

その3、 4分経って、ピピピッとなったら、ブランジャーを下げて、お気に入りのマグに注ぎましょう!

待っている間にブランジャー(コーヒーの粉を下にさげるやつ)を下げないでくださいね。豆の旨みをお湯に沁み出させましょう。

IMG_6541

私の今のお気に入りマグは、スタバの地域限定マグ。

このデザインが気に入ってます♪いろんなところへ行く度に増殖中。。。(汗)

フレンチプレスのいいところ♪

なんといっても、味が安定することです。

ペーパーを使って淹れると味が変わることが多かったのですが、フレンチプレスにしてから、毎回同じ味で飲むことができます♪

コーヒーペーパーもいらないですし!

丸山珈琲は、楽天で安く手に入ります

味わってみたくなる「一流のコーヒー」。それが丸山珈琲です

丸山珈琲をフレンチプレスで飲んでみて下さい。

コーヒーに対する価値観変わります。

でも、まずい珈琲が飲めなくなるので、注意してくださいね。

その他、極上の本物のコーヒーを注文できるサイト集

●コーヒー焙煎士、土井博司氏の極上コーヒー⇒土井珈琲


●有名バリスタ、井田浩司氏が焙煎するスペシャルコーヒー

自家焙煎スペシャルティコーヒー専門店 ロクメイコーヒー


●簡単に美味しいコーヒーが飲みたい⇒UCC ドリップポッド


●富裕層が選ぶ幻のコーヒー。世界一高いアラミド珈琲⇒ジャコウネコのコーヒー【アラミド珈琲】