英語で会話する女性たち

 

どうも、海外在住リーマンブロガーのりゅうじん( @smileryuji1110 )です。

 

アメリカに赴任して半年ぐらい経って「最近だいぶ聞けるようになってきたし、話せるようになってきたなぁ」と思っていた矢先の同じ部署のアメリカ人のマネージャーからの一言。

 
「お前の話す英語は遅くて、聞いててじれったいよ。

自分のペースで話すのではなく、もっとアメリカ人のように早く話す訓練をしないとダメだ!」

 

りゅうじん
きびし~(涙)

 

その時の私は、英語で言いたいことを頭の中で一度日本語にして口からだす(話す)という過程を踏んで会話していたので、話し相手との会話の間が空いてしまうし、話すスピードも遅かったのです。

 

彼は私との会話にイライラしていたのでしょう。

 

悔しかったけど、確かにこのままのやり方で話していても、このスピードは変わらないと思い、出来るだけネイティブと同じように話すトレーニングをして、ついにマネージャーから文句を言われなくなりました!

 

私が取り組んだ英語を早く話すためのトレーニング方法をお伝えします。

 

自分の話すペースを見直す!

 

まずは、自分の現状を知ることからスタートです。

 

英語でのやりとりが結構できてきたなと思ってきたら、自分が話す英語を録音して聞いてみて下さい。

 

私はiPhoneを使っているので、ボイスメモを使っています。(これ↓)

英会話を録音するアプリ「ボイスメモ」

 

「えっ、俺はこんなトロトロ話していたの?」

と驚く人は多いと思います。

 

自分のペースで英語を話すこと続けていたのではスピードは上がりませんし、私のように仲良くなった外国人の友達や上司から指摘されかねません。

 

ネイティブが話しているスピードをシャドーイングする

 

目標は、(結構厳しいけど)ネイティブが話しているスピードだっ!

 

そこで、オススメなのがネイティブスピーカーの話しているものをシャドーイングすることです!

 

シャドーイングとは、聞こえた英語を後に続けて出来るだけ同じように発音していくことです。

 

私が使った教材はこちら↓

この本でニュースで読むキャスターが読んでいる英語をシャドウイングしまくります!

 

ポイントは、一つ30秒ぐらいの文章をほぼ完璧に読めるようになることです。
初めはいろいろな文章をシャドーイングするよりも、一つの文章に集中してください。

 

一つが完璧にできるようになったら、次の文章に取り組み、完璧にして下さい。
これを繰り返すのです。

 

最後は実践が効果的

 

このトレーニングができたら、実際にネイティブスピーカーを話してみましょう。

この時の意識することは、「間違ってもいいので、早く話すこと」です!

 

実践には、レアジョブがおススメです。
安く毎日ネイティブスピーカーと話せるので実践練習が簡単にできます。

 

>>>オンラインレッスンのレアジョブ英会話 公式ホームページはこちら



 

「まだ相手の言っていることが聞き取れない」「話したいけど単語が分からず話せない」という人は、英語でプレゼンできるようになるまで私の英語力をアップしてくれた超優秀な英語教材「ボキャビルダー」から始めるといいです。

 

ボキャビルダーの詳細はこちらの記事に書いています。

口コミで効果が高いと評判のボキャビルダー。これ学校で必須にすべき素晴らしい英語教材ですよ。

 

初めの一カ月間は無料で使えますし、解約も簡単なので、ノーリスクで始めることができるのでおすすめです。