最近、色々なコーヒーを飲んでいて、ブログにアップしていますが、

「もっと詳細に、かつ簡単に記録を残せないかなぁ~」

と思っていたところ、最高の一冊に出会いました。

 

それが、コーヒーハンター川島良彰氏が出している「Coffee Hunting Note 100カップログ」です。
味をレーダーチャートで表現でき、コーヒーを飲みながら自分だけの一冊が完成していくところが気に入っています♪

Coffee Hunting Note 100カップログの中身をご紹介♪

【Coffee Hunting Note 100カップログの目次】

Part1. おいしいコーヒーへの近道

おいしさの理由がわかるコーヒーの基本

Part2. 自分でつけるテシスティングノート100カップログ

Part3. 12か国の最新レポート

世界のコーヒー畑から

Part4. 教えてコーヒーハンター

おいしいコーヒーの淹れ方

こちらが「Coffee Hunting Note 100カップログ」の中身です。

・香り ・酸味 ・苦み ・甘み ・クリア ・コク ・余韻 ・冷めたとき の各項目をレーダーチャートで表せるようになっています。

そして、最後に気づいたことなどを「notes」のところに記入します。

SONY DSC

 

味をレーダーチャートにすると一目瞭然ですね。

しかも、各項目がどのくらいになるかを気にしながら飲むので、コーヒーの味を比べる味覚が発達するのでは?!

また、このノートは、単に自分で100杯のコーヒーの味の記録を残すだけのものではないんです。

上に目次を載せていますが、コーヒーの品種、産地、栽培、コーヒーの淹れ方などコーヒーの基本が一通り学べるようになっているんです。

 

<品種選びから抽出まで>

SONY DSC

 

<コーヒーの抽出の仕方>

SONY DSC

記念すべき1ページ目は、世界最高のミカフェートのグラン クリュ― カフェ!

早速、コーヒーの味の記録をつけていこうと思いましたが、やはり記念すべき1ページ目は、100g、7500円もする最高のコーヒー、ミカフェートの「Grand Cru Cafe」!

*参考記事 ⇒ 世界一美味しいコーヒー、ミカフェート(東京)のGrand Cru Cafeを飲んだら心が震えた話。

SONY DSC

 

丁寧にコーヒーを淹れました。

SONY DSC

 

神経を集中して、各項目を記入しました。

SONY DSC

 

ミカフェートの「Grand Cru Cafe」は、本当に素晴らしいコーヒーです。

これからも、このノートを持ち歩いて、まずは100杯分の記録を達成したいと思います。

 

「100g=7500円は高いすぎる!しかし、スペシャルコーヒーを飲みたい!」という人には、こちらのこだわりのコーヒーがおススメです。

奈良の一流焙煎士、井田浩司の自家焙煎スペシャルコーヒー専門店「ロクメイコーヒー」

今、クチコミで話題の「極上のコーヒー」土居珈琲

まだ、こだわりのスペシャルコーヒーを飲んだことのない人は是非、飲んでみて下さい♪

人生に楽しみが1つ加わりますよ~。