昨日は、「家族一同、肉が食べたい!」ということで本場アメリカステーキを食べてきましたので、レポートします。

また、アメリカでステーキを食べると「必ず聞かれる質問」がいくつかありますので、注文方法もお伝えします。

迷ったらテキサスロードハウスで間違いない!

人気のステーキチェーン「Texas Roadhouse (テキサスロードハウス) 」に行きました。

ここは全米に展開している人気店。どれだけの店舗数があるかというと。。。

じゃーん!

texas(Texas Road house HPより)

ありすぎ。。。(苦笑)

ある程度の大きな都市には、どこにでもありますね。(笑)

コレだけ、店舗数があるということは、満足している人が多いという客観的指標にもなるので。

実際にこのお店は、あまり高くない上に美味いです!

店の雰囲気を楽しめ!

店内は、テキサスのカウボーイがテーマになっていて、アメリカーンなかっちょいー雰囲気です。

こちら↓

IMG_6985

 

奥に見えるのは、バーカウンター。
一人でも楽しめるお店です。

 

そして、このお店には、クオリティーのあまり高くないウエイトレス、ウエイターによるパフォーマンスの時間があります。

IMG_6990

 

音楽に合わせて、ジミーに踊ってくれます。

これ、必要かな??(笑)

英語での注文方法はこちら

テキサスロードハウスでは、注文する前に、
まず焼きたてほやほやのパンが運ばれてきます。

IMG_6986

 

焼きたてのパンに、右上に写っているシナモンバターをつけると、ジワーッと溶けて、ほんのり甘く絶品!

そして、お肉の注文ですが、おすすめは絶対にリブアイ

リブアイってどこの部位??

大きくて、肉厚な骨無リブアイステーキ(リブロース)。
オーストラリアではキューブロール、アメリカではリブアイと呼ばれる牛肉の部位。
国産牛のリブロース相当部位ですが、リブロースの部位の不要なスジや余分な脂肪分をあらかじめ除去したリブロースのセンターカット、いいとこ取りのリブアイステーキ!!

The Meat Guy

 

肉を注文するときに、必ず聞かれるのが焼き加減。

I’ll have a Ribeye.

と注文すると、

How would you like to cook?

あるいは

Hoe do you like your steak?

(焼き加減、どうする?)

というように焼下加減を必ず聞かれます。

 

この返答は、日本と同じように

・Rare (表面のみ焼いたもの、中は、かなり赤い)

・Midium Rare (Rareより赤い部分が少ないが結構な赤みが残る)

・Midium (中身にやや赤みが残る)

・Welldone(よく焼いたもの、赤い部分がほとんどない)

で問題ないです。

そして、ステーキを頼むとサイド(スープ、フライドポテト、サラダなど)は何にする?

と次に聞かれます。

テキサスロードハウスではステーキを頼むと以下の中からサイドを2つ頼めます。

IMG_6994

 

私はだいたい、「House Salad」と「Steak Fries」(これは日本のフライドポテト)を注文します。

すると次に聞かれる質問が。。。

What kind of dressing would you like?
(ドレッシングは何がいい?)

ドレッシングはお店によって少し違いますが、たいていは、

イタリアン、フレンチ、ランチ、サウザンドアイランド、ブルーチーズ、バルサミコビネガーです。

何があるか知りたいときは、

What kind of dressing do you have?
(どんなドレッシングがあるの?)

と聞いて見て下さい。

決まったら、

I’ll have a Italian.
(イタリアンをお願いします。)

というように答えてください。

初めにサラダが運ばれてきますが、それまでの待ち時間は

ピーナッツが食べ放題。食べすぎには注意です。

ここから、自由にとって食べれます!

IMG_6997

 

子どもには、キッズメニューが書かれた塗り絵をクレヨンがくれますので、これで暇を潰してます。

IMG_6987

 

そして、まずサラダがきました。
ドレッシングは、イタリアン。

IMG_6989

 

普通に美味しいです。

 

次にきましたリブアイ!!!↓

IMG_6991

 

うわっ、ジューシーそう。

切ってみると、

IMG_6992

これで、ミディアムレアです。

厚切りで予想通りジューシー!美味い。

アメリカでの会計はチップを払う必要がある!

アメリカでは、レストランで食事をすると必ずチップを払います。

最初に支払う合計金額の書かれたレシートをくれますので、

クレジットカードを渡します。

すると、このような2枚のレシートがきます。

IMG_6995

右側が「店用」、左側が「自分用ストック」。

 

チップの欄に、合計支払い金額の10%~15%を書き、その下に合計を書きます。

金額を確認して、サインの欄にサインします。

サインはアルファベットがいいですね。日本語で書くと、ごくたまにですが、英語でサインして!と頼まれますので。

アメリカのステーキレストランでのまとめ

1.アメリカに旅行に来て、ステーキを食べたいときは、全米中に展開している「テキサスロードハウス」がおススメ

2.注文時には、ステーキについてくるサイドを決める。ステーキの焼き加減とサラダのドレッシングを聞かれるので、英語での文言は上でチェック。

3.アメリカのレストランでは、チップを10~15%払う必要があるので注意。

以上です。
アメリカ旅行では、レンタカーがかなり便利です。
しかも、国際免許は、近くの免許センターで書類手続きだけで簡単にとれます。

日本と違う交通ルールがあるので、こちらの記事を参考にして事故なくアメリカ旅行を楽しんで下さいね。

⇒ アメリカの交通ルール7選!日本の交通ルールとの違いを知ろう。